大人バレエの始め方

【大人バレエ】初心者におすすめの服装をわかりやすく解説!

大人からのバレエ、人気の習い事ですよね!

バレエのイメージと言えば、綺麗な舞台衣装にトウシューズ……

でも、いざ習い始めるとなると

初心者さん

レッスンで何を着ればいいの?

バレエ教室で浮きたくないし、ムダな買い物はしたくないな~

レッスンの服装に迷うことはありませんか?
はじめはバレエウェアを揃えるのにお金がかかりますし、失敗したくないですよね。

この記事では、これからバレエを習う大人におすすめのウェアと、選び方を紹介します!

この記事を読むとわかること

レッスンで必要なもの

大人バレエのベーシックな服装

バレエ用品の選び方

具体的なおすすめ品

気になる項目だけを見たい方は、目次から選んで飛べます ↓

バレエのレッスンで必要なもの

はじめに、
レッスンで必要なものを買うタイミングは、体験レッスン(見学)後で大丈夫です。

体験レッスンの服装はTシャツに運動できるズボンなどでOKなので、バレエ用品はバレエ教室に入会を決めてからで間に合います。

体験レッスンで他の人の服装を見てからバレエウェアを買えば、教室で浮かないですよ。

では、バレエを習ったら必要なものをわかりやすく紹介します!

最低限バレエシューズとタイツを用意しよう

これだけは必要!というものはバレエシューズです。
バレエシューズがないと始まりません。

バレエシューズは軽くて足になじみ、快適に踊れます。
靴下だと滑ってしまうことがあるので、バレエシューズを履きましょう。

ジャンプの着地から足を保護する役割もあります。

バレエシューズ → バレエレッスン用の布製や革製のやわらかいシューズ

次に、なるべく用意した方がいいものはバレエ用のタイツです。

裸足でバレエシューズを履くと、中敷きの劣化を早めてしまうおそれがあります。
タイツの着用がおすすめ!

バレエ用のタイツ → 伸縮性が高い、踊りに適したタイツ

大人バレエのベーシックなレッスンスタイル

レッスンのときの服装は、大人の場合ある程度自由なバレエ教室が多いです。

レオタードに抵抗がある方もいると思いますが、着なくても大丈夫なので安心してくださいね。

レオタードを着るメリットは、身体のラインがよく見えて姿勢のチェックがしやすいことです。

レッサー

レオタードを着ない、着る

2パターンのベーシックなレッスンスタイルを紹介するね!

<レオタードを着ない服装例>

  • Tシャツ

  • 膝下が見えるズボン

  • バレエ用のタイツ

  • バレエシューズ

<レオタードを着る服装例>

  • レオタード

  • ボトムス(スカートやショートパンツなど)

  • バレエ用のタイツ

  • バレエシューズ

\ こんな感じです /

あとは、寒い時や肌の露出が気になる時にTシャツなどを着ることもあります。

初心者さん

まずはバレエシューズとタイツがいるんだね!

レオタードが必須じゃないのは、ちょっと安心かも

バレエに慣れたら着てみようかなー

レッサー

レオタードは着たくなったら用意すればいいからね

目次に戻る

初心者向け バレエシューズの選び方

バレエシューズの選び方を

  1. ソール(靴の裏)
  2. 素材
  3. サイズ
  4. 水洗いできるか

の4項目で解説します!

バレエシューズの値段は、1,000円台~3,000円台くらいです。

色はタイツ(タイツはピンク系が基本)となじみが良いピンク系のバレエシューズがすっきりして見えますよ!

ソール(靴の裏)の形

バレエシューズには、フルソールとスプリットソールの2種類があります。

バレエシューズのソール

  • フルソールは、靴底全体に革が貼ってあるタイプ

  • スプリットソールは、土踏まずに革がないタイプ

初心者におすすめなのはフルソールです。

フルソールは安定感があり、ジャンプの衝撃をやわらげます。

また、反発力があるので、足裏の筋力トレーニングにもなります。

レッサー

スプリットソールのメリットは、足の裏にフィットして綺麗に見えること

足裏の筋力アップのためにはフルソールの方が向いてるよ!

バレエシューズの素材

レッスンで使うバレエシューズは、布タイプか前革タイプです。

サテンのものもありますが、ステージ用で耐久性が低いので避けましょう。

布タイプ軽くて足になじむ

通気性が良い
前革タイプ耐久性がある

足先を保護する

布タイプでも週1~2回のレッスンで1年くらいはもちます。

前革タイプはさらに丈夫ですが、バレエシューズの内側がだんだん劣化するのは避けられないので2年もつかどうか?といった感じです。

布タイプか前革タイプ、どちらを選んでもOK

前革タイプでも、履いていて蒸れる感じはあまりしません。

布タイプを履いている人の方が多い印象です。

バレエシューズのサイズ

サイズは、足の実寸より0.5〜1.0cm大きいサイズがちょうど良い場合が多いです。

足の実寸の測り方

垂直な壁にかかとをつけて立ち、1番長い指までの長さを測る

足の大きさが左右で違う場合は、大きい方の足で測りましょう!


バレエショップで試着して買うのがおすすめです。

オンラインショップで買う時は、商品説明のサイズの目安を確認しましょう。

バレエシューズは基本的に水洗いできない

バレエシューズは基本的に水洗いできません。
縮んでしまいます。

中には水洗い可のものもあるので、洗いたい方は洗える種類か要チェック!

洗えるバレエシューズはこちら↓

レッサー

タイツ+バレエシューズなら、そんなに汚れが気にならないかな

洗わずに、レッスン後に風通しの良いところで陰干しするだけでも大丈夫だよ

初心者におすすめのバレエシューズはこれ!

初心者におすすめのフルソールバレエシューズをチョイスしました。

チャコット 布バレエシューズ

迷ったらこれ!

バレエ用品の老舗「チャコット」のスタンダードモデル

チャコットの始まりは1950年!
ずっとバレエ界を支えている高品質のメーカーです。

■ 軽い履き心地で足指が使いやすい設計

バレエ教室では布タイプのバレエシューズを履いている人が多いです。

定番のバレエシューズなので最初の一足におすすめ!

色はロイヤルピンク(可愛い系のピンク)かヨーロピアンピンク(ベージュっぽいピンク)がタイツになじみます。

チャコット 前革バレエシューズ

ロングセラーの安心感

シューズの前部分が牛革製で丈夫!

■ シューズの前部分に牛革を使い、負担のかかりやすい足先の耐久性をアップ

布タイプより丈夫なバレエシューズが欲しい方には前革タイプ!

私が子供のころ(今、アラフォーです)からあるチャコットのロングセラーです。

昔はこれ一択!といっていいほどみんなが履いていました。

丈夫で足に優しいバレエシューズです。

色はロイヤルピンク(可愛い系のピンク)かヨーロピアンピンク(ベージュっぽいピンク)がタイツになじみます。

TING 布バレエシューズ

千円ちょっとのプチプラ!

嬉しいサイズ交換無料

チャコットのバレエシューズは高品質ですが、2,000円台~3,000円台くらい。

もっと安いバレエシューズはないの?という人には、TINGの布バレエシューズがおすすめです。

驚きの¥1,098!!

■ サイズ交換無料

もしサイズが合わなくても安心ですね。

ピンク系はチャコットは2色ありますが、TINGは1色。

レッサー

値段に驚いて、試しに買ってみたよ

2ヶ月くらいレッスンで履いているけど、問題ないよ

目次に戻る

バレエ用タイツの選び方

タイツはバレエ用を買いましょう。
バレエ用は伸縮性が高く、動きやすさが普通のタイツとは違います。

タイツの値段は、1,000円台~3,000円台くらいです。

タイツの色はピンク系がおすすめ

色は、脚の筋肉の動きが見やすいピンク系がおすすめ。

黒いバレエ用タイツもありますが、ピンク系に比べて筋肉の動きが見にくいです。

バレエ用品の老舗「チャコット」のタイツには、ピンク系が2色あります。

  • ロイヤルピンク
    (白っぽいピンク)

  • ヨーロピアンピンク
    (ベージュっぽいピンク)


どちらの色でもOK
お好みで

発表会ではよくロイヤルピンクを履きますが、初めてバレエタイツを履く方はけっこう白い!と感じるかも知れません。

初心者さん

ピンク系のタイツか……

脚が太く見えない?

レッサー

最初はピンク系に抵抗がある人も多いよね

でも、バレエシューズもピンクなら脚がすっきり見えて綺麗だよ

ピンク系のタイツはちょっと……という方は、ボトムスで工夫するとあまり気にならなくなるかもしれませんよ。

\ こんな感じのボトムス /

タイツの足裏の形状は2種類ある

タイツの足裏には、穴が開いていない「フータータイプ」と穴が開いている「穴あきタイプ」があります。

フータースタンダードなタイプ
穴あき足裏の穴から足を出してケアできる

穴あきタイプは、トウシューズを履く人が足のケアをする時に履きます。

初心者はトウシューズを履かないので、フータータイプでOK

初心者におすすめのタイツ

初心者におすすめのタイツをチョイスしました。

チャコット ベロネーゼⅢタイツ(フータータイプ)

なめらかな履き心地
美しい見た目

もうこれ一択でいいのでは?という、大人気のタイツ

■ 立体設計で足先の突っ張り感がなく、足指が動きやすい作り

履いた時の脚の綺麗さも文句なしです。

発表会では「ベロネーゼタイツ」で!と指定があるバレエ教室もあるほど。

イーバレリーナ バレエタイツ(フーター)

1,000円ちょっとで買える!

お手頃価格のバレエタイツ

なるべく安いタイツがほしい、という方はこちら!

イーバレリーナのサイトの口コミも高評価です。

目次に戻る

レオタードを着ない場合の服装の選び方

レオタードを着るのは抵抗がある方向けに、レオタードを着ない場合のおすすめの服装を紹介します。

  • 体のラインが確認できるTシャツ

  • 膝下が見えるズボンやスパッツ

Tシャツは体にフィットしたものがおすすめ

レッスンでは、正しい姿勢ができているか鏡で確認するのが大切です。

お腹を前に突き出していないか

腰が反っていないか

などをチェックします。

だぶっとしたTシャツだと姿勢がわかりにくいので、体にフィットするものを選びましょう。

バレエショップなら、すっきりしたシルエットのTシャツが見つかりますよ。

バレエショップのすっきりシルエットTシャツを紹介!

バレエを習う大人に人気のバレエショップ「ドゥッシュ ドゥッスゥ」のTシャツ

絶妙なフィット感!

体のラインがチェックしやすいバレエTシャツ

ロングシーズン着られる8分袖

■ お腹まわりがもたつかない、長すぎない丈感

■ 深めに開いたネックラインがデコルテを綺麗に演出

バレエショップならではの美しいシルエットのTシャツです。

レッサー

半袖もあるよ!

【番外編】ほぼレオタードに見えるトップスもあります!

バレエショップ「ドゥッシュ ドゥッスゥ」の人気商品にレオトップというものがあります。

レオトップは、レオタードと同じ素材のトップスです。
レオタードのパンツ部分がないイメージ。

レオトップのメリット
  • Tシャツより体にフィットする

  • レオタードよりやや安い

  • レオタードより着替えやお手洗いが楽

レオトップは便利なアイテムです。

見た目は、ほぼレオタード!
レオタードより気軽に着られますよ。

ドゥッシュ ドゥッスゥ レオトップ

気軽にバレエスタイルが楽しめる!

レオタード風のトップス

着丈が長めなので、ボトムスにインすればまるでレオタードです

■ チュールの上品な透け感で、肌の露出をカバー

二の腕と背中をさりげなくカバーする、大人が着やすいデザインです。

別売りのバストカップを使えばインナーなしでも大丈夫!

初心者さん

レオトップならチャレンジしやすいかも

バレエのレッスンに向いているボトムス

ボトムス選びのポイントは脚のラインが隠れないこと。

レッスンでは

  • 膝の曲げ伸ばし

  • 脚を外に開く

  • つま先を伸ばす

など脚の動きに注意します

足首が隠れるだぶっとしたズボンだと、正しく動かせているのか確認しにくくなってしまいます。

バレエ上達のためにも、脚のラインが見えるボトムスを選びましょう。

膝の動きが確認できて、動きやすいものがおすすめです。

レッサー

脚がしっかり見えるほうが先生も指導しやすいよ

肌の露出は控えめだけど、脚のラインは隠さないボトムス

フランスのバレエブランド「サンシャ」のカプリパンツ

脚さばきを邪魔しない、スリット入りのバレエパンツ

足首がしっかり見える丈です

■ 余計なラインをひろいにくいスッキリしたシルエットのパンツ

肌ざわりの良いコットン主体の生地を使用しています。

伸縮性はありますが、しっかりした生地なので、余計なラインをひろいにくいです。

バレエショップ「ミニヨン」 スカート付きのカプリパンツ

女性らしいシルエット!

メッシュスカート付きの軽やかなカプリパンツ

■ 膝下丈でももたつかない!すっきりシルエット

スカート付きのボトムスは、くるぶし上くらいの丈の長いスパッツが多いですが、このカプリパンツは絶妙な丈感。

ピンク系のタイツは脚が太く見えるかも?と抵抗がある方にも、ピンク系タイツの分量を上手く調節できるおすすめのボトムスです。

目次に戻る

レオタードを着る場合の服装の選び方

もし抵抗がなければ、レオタードを着るのがおすすめです。

はじめてレオタードを買う人向けに、レオタードの選び方を解説します!

レオタードがおすすめな理由

体にフィットして踊りやすい

体のラインが見やすく、正しい姿勢の確認ができる

身体のラインをよく見るためにはレオタードだけ着るのが理想ですが、大人の場合は抵抗がありますよね。

お尻のラインをカバーするために、ボトムスを着用している人が多いです。

レッサー

体のラインを隠しすぎないボトムスを選ぼう

レオタードに合わせるボトムスも一緒に紹介します。

レオタードを着ない場合の服装の項目のボトムスより脚がよく見えるタイプをピックアップ!

レオタードの選び方

レオタードの選び方は、基本的に好みのデザインを選べばOK

レオタードは袖なし、半袖、長袖があります。

長袖は夏に着ると暑いので、オールシーズン着られません。

袖なしか半袖を選べば、寒い時期にはTシャツなどを足せばオールシーズン着られてコスパが良いですよ!

レオタードの値段は、3,000円台~凝ったデザインのもので20,000万円台くらいまであります。

バレエを習う大人に人気のショップ「チャコット」や「ドゥッシュ ドゥッスゥ」のスタンダードなタイプだと7,000円~13,000千円くらい。

「チャコット」や「ドゥッシュ ドゥッスゥ」は高品質なので、2年くらいは着られますよ。

初心者におすすめのレオタード

大人が着やすいデザインのレオタードをチョイスしました。

ドゥッシュ ドゥッスゥ 吸水速乾素材の半袖レオタード

吸水性・速乾性に優れた「サラカラ」素材のレオタード

チュールの透け感でデコルテ、背中の露出をやわらげるデザイン

■ 半袖タイプの大人が着やすいレオタード

引き締めカラーでも、チュールの透け感のおかげで重たく見えません。

レッサー

私もドゥッシュ ドゥッスゥの「サラカラ」レオタードを愛用してるよ

汗のベタベタ感が減って、快適な着心地!

生地の伸びもいいよ

ドゥッシュ ドゥッスゥ 人気No.1レオタード

2001年の発売時には、あまりの可愛さに大人バレエ界に衝撃が走った

可愛い系レオタード代表「ジュリエット レオタード」

今もドゥッシュ ドゥッスゥ不動のNo.1!

■ ジュリエットのネグリジェをモチーフにした可憐なレオタード

パフスリーブや胸元のギャザーがロマンティック!
嬉しい二の腕カバー効果も。

ヒップ部分がやや広く、ヒップがくいこみにくいデザイン。

ドゥッシュ ドゥッスゥ 5分袖レオタード

肌の露出が気になる方にもおすすめ!

重ね着風デザインのレオタード

■ ショートトップスを重ねたようなレイヤードスタイル

袖がしっかりあって、脇もカバーできます。

クロスストラップでメリハリのある美しい後ろ姿に!

チャコット プリント柄チュール半袖レオタード

肌の露出が少なめ

華やかなプリント柄チュールをあしらったレオタード

■ 人気の花柄レオタード

バレエを習う大人の間で花柄が人気です!

鏡で自分の姿を見て気分が上がる要素もレオタード選びでは大切。

デコルテ、背中の露出が少ないので、レオタードに少し抵抗がある人にもおすすめですよ。

袖がしっかりあって、脇もカバーできます。

レオタードのインナーについて知りたい方はこちらの記事【バレエインナー&ブラ特集】をご覧ください。

胸が目立たないレオタードをお探しの方はこちらの記事【胸が目立たないレオタードの選び方】も合わせてどうぞ!

レオタードに合わせるおすすめのボトムス

主なボトムスの種類
  • ショートパンツ

  • 巻きスカート

  • プルオンスカート

  • キュロット

  • スパッツ付きスカート

どの種類のボトムスでも膝上丈が、脚の動きを確認しやすくておすすめです。

レッサー

ボトムスの種類は好みで選べばOKだよ

\ 特徴はこんな感じ /

種類特徴
ショートパンツ動きやすい

脚長効果
巻きスカートサイズの失敗がほぼない

柄物が充実
プルオンスカート巻きスカートより着脱しやすい
キュロット脚を上げてもお尻が見えにくい
スパッツ付きスカート脚を上げてもお尻が見えない

ブルーデーにもおすすめ

それぞれの種類のおすすめ品をピックアップします!

ショートパンツ

チャコット ショートパンツ

脚長効果を狙うならショートパンツで決まり!

■ やや広がったラインでお尻を程よくカバー

メリハリをつけてくれるウエストVデザインのベーシックなショートパンツです。

巻きスカート

チャコット 巻きスカート

The バレエ!

可憐な花柄の巻きスカート

■ いろいろな体型の人が着こなしやすいスタンダード丈

巻きスカートは自分のウェストに合わせて巻くので、サイズの失敗がほぼありません。

バレエ初心者~上級者まで大人気!

プルオンスカート

チャコット プルオンスカート

オンラインショップ限定商品

プリントチュールのプルオンスカート

■ レッスンの気分を高める、ロマンチックなプリント柄

ゴージャスなローズプリントと涼やかなアクアグリーンプリントの2種類。

さっと脱ぎ着できるプルオンスカートです。

キュロット

ドゥッシュ ドゥッスゥ キュロット

ドゥッシュ ドゥッスゥ人気No.1ボトムスはこれ!

フレアたっぷりのキュロット

■ フレアキュロットでお尻と太ももをカバー

緩やかなフレア&少し長めの安心丈。

スカートのような可愛さがありつつ、脚を上げても気にならない便利なアイテムです。

スパッツ付きスカート

ドゥッシュ ドゥッスゥ スパッツ付きスカート

ショートパンツとスカートの良いとこ取り!

便利なスパッツ付きスカート

■ スカートがめくれても大丈夫!安心のスパッツ一体型

脚を高く上げるとレオタードのお尻が見えて気になる・・・という方にぴったりです!

レッサー

ブルーデーも安心だよ

目次に戻る

【まとめ】バレエ初心者におすすめの服装

バレエのレッスンで最低限必要なものは、バレエシューズとバレエ用タイツです。

初心者向きのバレエシューズは、靴底全体に革が貼ってある「フルソール」

フルソールのメリット

  • 安定感がある

  • ジャンプの衝撃をやわらげる

  • 反発力があって、足裏の筋力トレーニングになる

裸足でバレエシューズを履くと、中敷きの劣化を早めてしまうおそれがあります。
タイツの着用がおすすめ!

女性のタイツの基本カラーはピンク系です。
脚の筋肉の動きが見やすいメリットがあります。

レッスンのときの服装は、大人の場合ある程度自由なバレエ教室が多いです。

レッスンでは、正しい姿勢ができているか鏡で確認するのが大切。
ウェアは体にフィットしたものを選びましょう。

<レオタードを着ない服装例>

  • Tシャツ

  • ひざ下が見えるズボン

  • バレエ用のタイツ

  • バレエシューズ

<レオタードを着る服装例>

  • レオタード

  • ボトムス(スカートかショートパンツ)

  • バレエ用のタイツ

  • バレエシューズ


初心者さん

よし、レッスンの服装のイメージがわいてきたよ

バレエ用品を揃えるのが楽しみだなー

レッサー

レッスンの服装もバレエの楽しみの1つだよ

ぜひお気に入りを探してみてね!

この記事では、バレエ初心者さんにおすすめの服装を紹介しました。

レッスンでは動きやすいインナー選びも大切です。

以下の記事で、胸が揺れにくいスポーツブラや軽い着け心地のダンスブラなどを紹介しています。

ぜひあわせてご覧ください↓

レオタードのインナー・ブラ特集記事

【大人バレエ】レオタードのインナー・ブラ特集!胸のお悩み解決レオタードの下になに着るの?【大人バレエ初心者さんのお悩み解決!】おすすめダンス用ブラ・インナーをご紹介します...


バレエランキング

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

コメント欄

トップページへ戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA