バレエ初心者さんへ

初めての大人バレエ 上達のコツ

バレエ上手くなるには

子供時代と合わせてバレエ歴20年
今だから分かる上達のコツ

私は高校でバレエをやめて、30過ぎて再開しました。
10年以上のブランクです。
その間に体が硬くなり、踊りの感覚も子供の頃とは違っていました。

大人になってバレエを再開して、今年で8年目!
失敗したり、悩んだり
その結果分かった上達のコツ
高校生の自分より、できることが増えました♪

バレエを長くやっている方には当たり前のことかもしれませんが、バレエを始めたばかりの方に「上達のコツってあるの?」と聞かれたら、ぜひ伝えたいことを三つ書き出してみました。

誰にでも簡単にできる、ちょっとしたコツです!

バレエはまず髪型から

そんなことか~、と思うかもしれませんが、これってけっこう大切なんですよ。

髪型はシニヨンにしよう

シニヨン、おだんごとも言う、Theバレエな髪型です。

シニヨン

ポニーテールにできる長さがある方は、シニヨンをおすすめします。
前髪が長めの場合はピンでとめましょう。

髪が短い方は、できる範囲ですっきりとまとめればOKです。
ぎりぎり結べたら、ゴムで結ぶ。
ショートボブだったら、サイドをピンでとめる。
などなど。

 

どうしてシニヨンにするといいの?

レッスンに集中できる

例えば前髪が長かったり、ロングヘアーのポニーテールだったら
バーで体を前に倒すと髪も一緒にパラッ、回転すればいちいち乱れる……
あ、と思って髪を戻す。
これでは、レッスンに集中できなくてもったいないですよね。

 

首の位置を確認しやすい

シニヨンにすると首筋がよく見えます。
鏡で自分の姿勢を見てみると、あれ!?首が前に出てる、なんていうことも。
首をすっきり出して、きれいな姿勢になっているか確認しましょう。

プロのバレリーナじゃなくても、首回りが美しいとハッとしませんか?
分かりやすいのが、街で見かけるシニヨンのバレエ少女です。

電車に乗っている小学生くらいの女の子、首がスッと伸びていてとっても綺麗!
肩は下がって、首回りの空間が普通の子より広く感じます。
そんな子を見ると、これはかなりバレエ上手いわねって思います。
例え椅子に座っていても、他の人とは全然違って見えますよね。

バレエらしさは首の美しさにあり!ですね。

シニヨンにするのは何か照れる?

バレエを習い始めたばかりでシニヨンにするのは、ちょっと照れるかも?
たしかに、普段はあまりしない髪型ですし、おでこを出すのも何か慣れないですよね。
はりきってる人だって思われるんじゃ……
なんて心配もあるかもしれません。

でも、心配いりませんよ!

バレエでは、シニヨンにするのは身だしなみです。
バレエ教室の子供クラスの多くは、髪型はシニヨンにすること、と決まっています。
バレエの先生も、そういう環境でずっとバレエをしてきたと思います。
ですから、シニヨンにするのは特別なことではありません。

大人バレエクラスでも、
初心者クラス少し慣れてきた人のクラス中級クラス
と、進むうちにシニヨンの人率が上がります。

早い段階から、きちんとした髪型でレッスンを受けることはプラスになりますよ!

 

発表会の時の練習になる

いつか発表会に出る時がきたら、自分で綺麗なシニヨンにしなくてはなりません。
これって、けっこう難しいんです~。

ジェル&スプレーできっちりカッチリ、後れ毛ゼロ!
頭が小さく見えるシニヨンの高さ、頭にそって平たくおだんご部分をつぶす……など。

これを自分でやるの~!?
そうなんです、なかなか苦労しそうじゃないですか?

その時に困らないためにも、普段のレッスンからシニヨンにしましょう。
そんなにカッチリしなくても大丈夫なので、練習してみましょうー。

もし上手にできなくても、先生がアドバイスをくれるかもしれませんよ。

レッサー
レッサー
私の場合レッスンの時のシニヨンは、ジェル&スプレーは使いません。
後れ毛はピンでとめていますよ。
それでも十分、崩れないですよー


チャコット ユーチューブより

発表会用のきっちりシニヨンの作り方です
美し~いシニヨンですね。
でも、そのためには いろいろ手をかけないといけませんね。
これは、練習あるのみだ♪

すぐに直せる注意から直そう

続いては、レッスン中の先生からの注意についてです。

レッスンの中で先生から、ここはこうするのよ、と注意されることがあると思います。
たくさん気を付けることがあって、あれもこれも!と焦ってしまうかもしれませんね。

先生からの注意には、今後じっくり取り組んで直す長期戦のものと、その場ですぐに直せるものがあります。

例えば、
脚の使い方が内向きになってるから、外に開いて使いましょうね。

これは、じっくりレッスンを重ねて徐々にできるようになってくる長期戦型です。
すぐに内脚が直るものではありませんよね~。
時間をかけて訓練していきましょう。

 

では、これならどうでしょう?
アラベスクの前の手が高いから、もう少し下げましょうね。

アラベスク
あっ、手が高かったんだ!下げなくちゃ。スッ(下げた)
すぐに直せますね!

まずはこういった、すぐに直せるものを確実に直すようにするといいと思います。
例に挙げたアラベスクの手でしたら、その場で簡単に直せて、見た目も綺麗になります。

すぐに直せるものは、うっかり忘れてしまうかもしれません。
ですが、そこは気を付けて、次のレッスンではアラベスクの手が高くならないようにしましょう。
そうしているうちに、身に付いてきますよ♪

子供のバレエは、レッスンをしていれば体の成長とともに上達する部分もあります。
大人の場合は、先生からの注意を素直に直していく!という自分の強い気持ちが上達への近道だと思います。

アラベスクの手が高いのをうっかりしたままでレッスンを続け、3年後に出た発表会のDVDを見て……
うわー、私ってばアラベスクの手が高すぎ!!
ん?これって、何度も先生から注意されてるよね!?

と、ならないようにしたいですよね。

レッサー
レッサー
私も身に覚えがあります~
ここをクリアして、次のステップに進みましょう!

スポンサーリンク

家でストレッチしよう

バレエといえば、体の柔らかさですよね。
体が柔らかい方を見ると、いいなーと思います。

体が硬いと、なかなか思ったように動かせません。
気合いでどうにか!と思っても、可動域が狭かったらできないものはできない~。

大人になると、どうしても柔軟性が低下してしまいます。
デスクワークで長時間座っている生活だと、お尻の筋肉が硬くなってしまったりしますしね。

私も大人になってバレエを再開した時に、子供の頃とは違うなーと一番感じたのが柔軟性でした。

ですが、大人に無理は
自分の無理がない範囲で、ゆったり長い目で見て体を柔らかくしていきましょう。

バレエの先生に、家でできるストレッチを教えてもらうのがオススメですよ!

ストレッチ

私は腿の筋肉をほぐそうとして、ちょっと力を入れすぎてマッサージしてしまいました。
筋肉よほぐれろ~、と思うあまり。

マッサージが終わって立ち上がると、あらら?腿に違和感!?
何か歩きにくいかも……
2、3日で治りましたが、自分で痛めるなんて悲しい~~。

ストレッチもマッサージも体に負担が多きければ、ケガにつながります。
逆効果にならないように気を付けましょう。

なかなかすぐには体が柔らかくなりませんが、焦らずにコツコツ続けることが大切です。
少しずつ、あれ?前よりも体が動かしやすくなった、とレッスン中に感じられるようになりますよ♪

レッサー
レッサー
1年ぐらい背中のストレッチを家でがんばっていたら、
最近になって効果を感じてきました!
後ろに反らせやすくなりました~
まとめ

バレエ初心者さんが上達するための簡単な三つのコツ

1 髪型はシニヨンにする(髪が短い方は、できる範囲ですっきりまとめる)

2 先生からの注意はすぐに直せそうなものを、まずは確実に直す

3 柔軟性アップのために家でストレッチをする

いかがでしたか?
どれも簡単に試せることばかり♪

少しでも参考になれば嬉しいです!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村


バレエランキング

コメント欄

トップページへ戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA