バレエウェア・グッズ

【自宅バレエ】おすすめリノリウムは東リのTMフロア!徹底レビュー

自宅用のリノリウムを買いました!

リノリウムならフローリングと違ってツルツル滑らず、家でもバーレッスンが快適にできます。

レッサー

リノリウムがあれば、家でトウシューズだって履けちゃうよ

バレエ初心者さん

いいなー
私もリノリウム欲しいけど、どれが良いのか わからないんだよね

自宅用のリノリウムが欲しいけど、決め手がわからない方もいますよね。

この記事では、私が愛用している東リの「TMフロア」を詳しく紹介します!

レッサー

写真もたっぷりあるよ
ぜひ参考にしてみてね!

リノリウムの選び方を詳しく知りたい場合は、以下の記事で解説しています。

先にこちらをどうぞ!
≫ 自宅用リノリウムを選ぶポイント

レッサーのバレエブログ

気になる所だけ見たい方は、目次から選んで飛べます ↓

東リのTMフロアの特徴

はじめに少し用語の説明をします。

リノリウムとは、アマニ油など天然素材で作られた床材のことです

バレエ界では、バレエの床シートをリノリウムと呼びますが、ビニル製がほとんど。

なので、正確にはリノリウムじゃないんです。

レッサー

TMフロアもビニル製だよ

バレエの床シート=通称リノリウム

すっかり、リノリウム呼びで定着していますよね。

この記事でも、伝わりやすさ重視で床シートをリノリウムと呼びます!

TMフロアは、東リが松山バレエ団と共同開発した舞台・バレエ用のビニル床シートです

東リ・・・大正8年創業の、ビニル床シート・クッションフロアなど住宅建材を製造販売する会社

公益財団法人 松山バレエ団のYouTubeより ↓

TMフロアは、松山バレエ団・松山バレエ学校とその生徒さんに愛用されています。

TMフロアは1989年の発売以来、多くのバレエスタジオで使われているバレエに特化したリノリウムです!

TMフロアを使用しているダンススタジオのTwitterより ↓

TMフロアの特徴
  1. なめらかなのに滑りにくい
    ピルエットもOK

  2. 適度な柔軟性でジャンプの衝撃を和らげる

  3. 汚れが拭き取りやすく、日常のメンテナンスが簡単

  4. 厚さ3mmでポワントでも快適

レッサー

主なバレエ用リノリウムの厚さは1.5mm~3mm

TMフロアは厚めだよ

▲目次へ戻る

東リ「TMフロア」レビュー

バレエのために作られた床シート「TMフロア」のサイズ・重さ・使い心地を紹介します!

私は、きせかえマイホーム 楽天市場店で買いました

182cm(固定)×長さ100cm以上10cm単位で切り売りOK

長さ100cmで11,000円

私は長さ120cmにしました!
182cm×120cmで13,200円(2022年12月現在)

送料無料
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります

サイズはどれくらいがおすすめか

私は182cm×120cmのリノリウムを買いました。

はじめは長さ100cmでいいかも?と思いましたが、バーレッスンで足がリノリウムからはみ出たらイマイチ……ということで長さ120cmに!

\ 部屋に敷くとこんな感じ /

↑比較で雑誌(クロワゼ)を置いてみました

イスを置いてもけっこう余裕があります!

メジャーで測ってみると184×123.5cmでした。

レッサー

ちょっと大きめで嬉しい

バーレッスンをしている様子を撮ってみました。
サイズ感の参考にどうぞ。

\ タンジュは余裕! /

※私の身長は160cm弱です

プリエでロンドジャンブしてもはみ出ない!

【前】

【横】

【後】

182cm×120cmあれば、バーレッスンが問題なくできます。

ピルエットも楽々!
少しくらい吹っ飛んでもOKな広さですよ。

イスなどをリノリウムの外に置く場合

バーレッスンで、足がはみ出ない(プリエでロンドジャンブできる)サイズの目安は、120cm×120cm以上です

※身長160cm程度で

<2022年12月 追記>

バーを後から買い足しました。

バーをリノリウムに置くなら、リノリウム長さは150cmほしかったです。

バーの分、リノリウムのスペースがとられます↓

お家バレエ

\ ちょっとはみ出る /

バレエ リノリウム

バーをリノリウムに置く場合

バーレッスンで、足がはみ出ない(プリエでロンドジャンブできる)サイズの目安は、150cm×150cm以上です

※身長160cm程度で

▲目次へ戻る

リノリウムの重さは何キロ?1人でも運べる?

TMフロアの重さは6kg/mです。

\ 届いた状態はこんな感じ /

梱包された状態で重さを量ったら8.8kgでした(182×120cm)

バレエ初心者さん

8.8kgか~
けっこう重いんだね

レッサー

リノリウムって重いよね

でも、私1人で2階まで運べたよ

厚紙の包みを取るとこんな感じです。
部屋の引き戸より長い!

↑中には芯材が入っていました

巻いて片付けるときは、これに巻けばOKですね。

あらためてリノリウム本体の重さを量ってみると7.3kgでした!

重さがあるので、端をテープで貼らなくてもずれません

床に敷いてすぐは端がカーブしていましたが、1時間ほどで床にぴたっと伸びました

▲目次へ戻る

TMフロアを使って感じたメリット・デメリット

メリット

良かった点は、バレエ教室の床と変らない感触!

トウシューズでピルエットしても大丈夫です。

タンジュなどなめらかな動きもできるし、滑って欲しくない回転はツルツルしないです。

レッサー

バレエ教室で回転を失敗して転ぶと恥ずかしいけど、家なら失敗を怖がらずにたくさん練習できるよ

私がTMフロアを買って1番良かったこと

家でもピルエットの練習をして、苦手だったポワントでのピルエット2回転ができるようになりました!

デメリット

デメリットは、トウシューズを履くとこすれた跡がつくことです。
(バレエシューズなら大丈夫)

ポワントでピルエットしまくった結果がこちら↓

レッサー

思ったより跡がついたよ
バレエ教室の床みたいになった~

でも、引っかかるとかは全然ないから、まあいいかな

あとは、開封初日はリノリウムの臭いがけっこうしました。

少し換気したら気にならない程度になりました。

<2022年12月追記>

TMフロアを使って10ヶ月たった感想

問題なく使えています!

バーレッスンの他にも、トウシューズ慣しやストレッチに活用しています

買って良かったです

▲目次へ戻る

リノリウム4種類比較!TMフロアに決めた理由

バレエ初心者さん

レッサーは、なんでTMフロアに決めたの?

私にとって初リノリウム、安いものじゃないし失敗したくない!

そんな私のリノリウム選びの条件がこちら

オンラインショップで買える

サイズ182×100以上

口コミの評価が高い

候補にあげたのが以下の4種類です ↓

※スマホで横スクロールできます

  東リ
TMフロア
チャコット
ダンスマット
協和産業
レヴェランス
協和産業
ダンスリューム
縦横
(cm)
182×100 182×100 200×100 184×100
厚さ 3mm 2mm 1.5mm 3mm
重さ 6kg 5.7kg 4.4kg 6kg
価格
※2022年12月調べ
11,000円~
(ショップにより異なる)
8,250円 8,800円 12,650円
素材 発泡複層ビニル 塩化ビニル 塩化ビニル樹脂 塩化ビニル樹脂

4種類を比較して気になったのがリノリウムの厚さです。

私はトウシューズを履いて使いたいので、クッション性が欲しい&薄いと下のフローリングがちょっと心配。

厚さは1.5mm~3mmと少しの差ですが、トウシューズレッスンを快適にしたくて3mmに決定!

レッサー

厚さ3mmのリノリウムはTMフロアかKダンスリュームだよ

【TMフロア】

182×100cmで11,000円~
(2022年12月調べ)

松山バレエ団と共同開発した「東リ」の製品

【Kダンスリューム】

184×100cmで12,650円
(2022年12月調べ)

英国バーミンガムロイヤルバレエ団で採用されている「協和産業」の製品

この2つで迷いましたが、TMフロアは幅182cm固定・長さ1m以上10cm単位で切り売りOKのショップがありました。

レッサー

切り売りは、好きな長さにできて魅力的!

長さを120cmにしたくて、TMフロアにしたよ

私が買った楽天市場のショップはこちら↓

きせかえマイホーム 楽天市場店

レッサー

口コミも良かったよ

TMフロア 高評価の口コミ

バレエ教室の床と同じ感触

重みがあってずれない

トウシューズの練習が快適

厚みと、クッション性がある

切り売りOKなことプラス、楽天市場の口コミがTMフロアの方が多くて高評価だったのが決め手になりました。

TMフロア以外の比較したリノリウムはこちら ↓

チャコット ダンスマット

協和産業 レヴェランス

協和産業 Kダンスリューム

レッサー

狭いスペースにも敷ける小さいリノリウムもあるよ

バレエ専門店 ミニヨン
100cm×91cmのコンパクトサイズ↓

リノリウムの選び方や小さいサイズのリノリウムについてもっと知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!

≫ おすすめリノリウム5選&選び方のポイント

▲目次へ戻る

【まとめ】家庭用リノリウム「TMフロア」を徹底レビュー

TMフロアとは

TMフロアは、東リが松山バレエ団と共同開発した舞台・バレエ用のビニル床シート

1989年の発売以来、多くのバレエスタジオで使われているバレエに特化した床シートです!

バーレッスンをするのにオススメのサイズ

イスなどをリノリウムの外に置く場合

バーレッスンで、足がはみ出ない(プリエでロンドジャンブできる)サイズの目安は、120cm×120cm以上です

※身長160cm程度で

レッサー

バーをリノリウムに置くなら、余裕を持って縦横150cm以上がおすすめだよ

TMフロアの重さ

6kg/m

私は182×120cmを買って、重さ7.3kgでした
女性1人でも運べます!

レッサー

TMフロアはバレエ教室のリノリウムとほぼ同じ感触だよ

ポワントの立ち心地もいいよ!

この記事では、自宅用リノリウムを紹介しました。

私はリノリウムを買った後に、バーもほしくなって買いました。

リノリウムとバーがあると家でのレッスンが快適!

自宅用おすすめバーの記事もありますので、ぜひご覧ください。

バレエバー
【自宅でバレエ】おすすめのバーはシルビア製|レビュー&選び方を紹介!シルビアの自宅用レッスンバーを写真たっぷりでレビューします!失敗しないバーの選び方&あわせて買いたいアイテムも紹介...

トップページへ戻る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA